寝返りしやすい枕|安眠したいのなら雲のやすらぎしかない|翌日爽快

安眠したいのなら雲のやすらぎしかない|翌日爽快

女の人

寝返りしやすい枕

睡眠

1日30回の寝返り

枕は昔のものと比べて、横幅が広いものが人気となっています。そもそも理想の枕というのは、寝返りしやすいものと言われているのです。人間は平均で1日30回ほど寝返りすると言われていますが、それは体の一部にかかっている負担を分散する役目があります。寝返りというと寝相が悪いイメージを持つ人も多いですが、必要不可欠な行動であり、誰もが行っているものなのです。その寝返りを打ったとき、枕の横幅が狭いものでは落ちて睡眠の質を損ねてしまうことも考えられます。もしも睡眠中に目が覚めてしまう人は、それが原因かもしれません。そのため、寝返りをしても睡眠の妨害にならないように、横幅の広いものが理想の枕だと言われています。

夫婦でベッドを一緒にする

では、横幅の広い理想の枕とは一体どのくらいなのでしょうか。一般的に言われているのは、肩幅よりも一回り広い枕が良いとされています。それだけあれば、ほとんどの人は寝返りをしても枕から落ちてしまうことはまずありません。もちろん、横幅が広すぎるということはありません。夫婦でベッドを一緒にしているという人は横幅の広い枕を共有することも良いでしょう。ただし、その場合は、理想の枕の高さや硬さなどを、夫婦どちらかに合わせるのかという問題が生じてしまいます。もしもお互いに理想とする枕があまりにも違うという場合は、別々の枕を利用した方が無難だと言えます。無理してどちらかの枕に合わせてしまうと、その人の睡眠の質を損ねてしまうからです。